体に良いとされるサプリメントで栄養素を摂取しよう

アイケア

配合成分の多いアイケアのサプリへ

アントシアニンのように目に良い成分が含まれている食品として最も初期に注目を浴びたのがブルーベリーです。欧米を中心として多くの人に食べられているブルーベリーの効能に着目したサプリも数多く開発され、目を酷使する現代人にとって有用なアイケアの方法として広まってきました。 一方、同様に目に良いとされる成分が大量に含まれているとするビルベリーやメグスリノキなども続々と発見され、ブルーベリーと同様にしてサプリ開発へと応用されるようになってきています。ブルーベリーと共に多数の成分を配合したサプリも登場しており、今後のトレンドとしてこういった目に良いとされる成分を多数配合した様々なサプリが開発されていくでしょう。

配合されている脂溶性ビタミンに注意

アイケアのサプリとしてブルーベリーを中心としたものが一般的ですが、こういったサプリには目によいと考えられるビタミンも配合されている傾向にあります。代表的なのがビタミンA、ビタミンE、ビタミンCの3種類です。もし他のサプリを併用している場合にはこれらの成分には注意が必要です。 ビタミンAとビタミンEは脂溶性ビタミンであることから、過剰摂取によって身体の中に蓄積し、健康被害を及ぼすリスクがあります。したがって、ブルーベリーサプリなどと他のサプリを併用する際にはビタミンAやビタミンEが過剰にならないかどうかをよく吟味し、場合によってはそれらを含まないものを選ぶことが大切になります。少量ならよい成分も過剰摂取にはリスクがあるという視点が大切です。